太るのも肌荒れも日頃の食生活が原因

体重オーバーが日頃の食生活が原因というのはよくわかりますが、肌荒れに関しては化粧品のせいにしがちではないでしょうか?

私も化粧品遍歴をしては皮膚科通いを余儀なくされ、結局行き着いたのはインナービューティーです。

日頃の食べ物が体内をキレイにし、そのキレイさが肌に現れるということです。

特に野菜や果物、大豆製品を中心にしてからは、どんどん体重も減り、みるみるうちに肌も甦りました。

しかし、肉類や魚介類、スウィーツを食べてはいけないということではありません。実は食事というものにはルールがあるのです。

ご家庭の食卓やランチでよくある定食の場合、たいてい、自分の好きなものからパクついていますよね?

そして、子供の頃からよく言われている「変わりばんこに食べなさい!」の規則に則り、三角食べをします。

しかし、和食の懐石料理、中華、イタリアン、フレンチなどコース料理の時は一品一品運ばれて来て、むしろ三角食べしている方がお行儀が悪い感じですよね。

ここにヒントが隠されていますが、最初に野菜が使われた「前菜」が出て来ます。読んで字の如く、食「前」に野「菜」を食べるのです。

メインディッシュが出て来るまでの間、前菜を全部食べてしまわないと次のお料理は運ばれて来ません。

日頃の食事でも、まず野菜から先に食べましょう。なるべく一皿全て食べ終わってから、大好きなお肉や魚介類を食べるようにしてみてください。

これだけでも消化がかなり良くなるので、老廃物の蓄積が妨げられますよ!野菜や果物の食物繊維が体内に入ると、掃除で例えるとモップの役目になります。

食べ物を消化する時、最初に食物繊維が胃の中に入っていると、お肉などのたんぱく質やごはんなどの炭水化物を消化するとき、必要なものは必要な臓器に届け、そして体内を掃除しながら排泄器官に向かうので、常に体内を掃除しながら進んでくれているのです。

老廃物が溜まると贅肉となり、お腹はもちろん、わき腹や二の腕、太もも、二重あごなどあらゆる所に付着して太ってしまいます。

また肌に栄養素が届くのは一番最後なので、それらが邪魔して、美肌への道のりも遠くなるのです。

日頃の食生活がいかに太る原因に、そして美肌への道のりを遠くしているかおわかり頂けましたか?

これが過ぎるとメタボリックシンドロームの心配をしなくてはいけなくなって来るので、早めに食生活の改善を心がけてくださいね!
野菜ソムリエが贈るビューティーダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。